TOP キャンペーン・PR デジタルキャンペーンの企画のコツは?参考になる事例やポイントを紹介

デジタルキャンペーンの企画のコツは?参考になる事例やポイントを紹介

デジタルキャンペーンの企画のコツは?参考になる事例やポイントを紹介

デジタルキャンペーンにはさまざまな企画がありますが、基本的にはキャンペーン開催の目的から逆算して、ターゲットや内容を決めていく方法が一般的です。

しかし、デジタルキャンペーンの多様化が進むなかで、どのような企画であれば効果を最大化できるか、悩んでいるマーケターの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、デジタルキャンペーンの企画の流れや企画に役立つ事例アイディア、失敗しないためのポイントについて解説します。

弊社ではデジタルキャンペーンの企画から制作まで対応可能!
ゲームのエンタメ性と訴求力・拡散力を活かし、web広告+SNS運用による集客と、SNS上でバズる・話題になるコンテンツを制作・開発・提供いたします。
大手ゲーム会社や、大手食品メーカーの制作実績も多数。

未公開実績も多数!
BALANCeの【キャンペーン・PR】サービス説明資料には、『Webキャンペーン』『アプリキャンペーン』の実績が多数掲載されています。
また、関連した会社資料も無料ダウンロードできますので、ぜひご覧ください!

藤井宗一郎
藤井宗一郎

この記事の監修者

藤井宗一郎

Web開発会社 BALANCe代表|Webサイト制作、システム開発、ゲームを使ったデジタルキャンペーン・PR をサービスとして提供|WebGL (3D表現)や、ゲーミフィケーション を用いたWebサイト・システム、UGC やSNS上での拡散を狙った PRコンテンツ の制作・開発で成果を実現します。

デジタルキャンペーンとは

デジタルキャンペーンとは、WebサイトやSNSなどのデジタル媒体を活用して行うマーケティング活動の一つです。

特定の目的を達成するために、一定期間限定で行われるプロモーションやイベントを指します。

テレビや雑誌などのマス媒体を利用したキャンペーン、リアルイベントなどのオフラインキャンペーンと比べて、より精緻な効果測定ができる特徴があります。

デジタルキャンペーンの企画・運営の流れ

デジタルキャンペーンを実施するうえでは、企画や運営の流れをおさえておく必要があります。

続いて、デジタルキャンペーンを企画する際の流れについて解説します。

目的を明確化する

デジタルキャンペーンを企画する際、最初のステップは、キャンペーンを実施する目的を明確にすることです。

主な目的としては、主に以下のようなものがあげられます

  • ブランド認知の拡大
  • 新規顧客の獲得
  • 既存顧客のエンゲージメント向上

はじめに目的を明確化しておくことで、ゴールから逆算して企画を立てられるようになります。

KPIを設定する

次に、キャンペーンの効果を測定するためのKPIを設定します。

キャンペーンによって達成したい目的に対して、どのような指標がどのように改善されれば、目的を達成できるのかという観点から、定量的な目標値を設定します。

デジタルキャンペーンにおいては、訪問者数、クリック数、コンバージョン率などをKPIとするケースが一般的です。

キャンペーン概要とコンセプトを企画する

キャンペーンの目的とKPIが決まったら、具体的なキャンペーンの概要とコンセプトを企画します。

まずは、具体的な企画内容ではなく、ターゲットの属性やペルソナ、キャンペーンを通して伝えたいメッセージなどから詰めていきます。

はじめに設定したキャンペーンの実施目的をもとに、さらに粒度を細かくしていくイメージです。

そして、ターゲットやメッセージがある程度固まった段階で、キャンペーンの内容や期間などを含めて企画に落としこんでいきます。

媒体と手法を決める

次に、キャンペーンを展開する媒体と手法を決めます。

デジタルキャンペーンにおける媒体には、WebサイトやSNSなどがありますが、ターゲットとなる顧客が利用する媒体を選び、最適な手法を選定することが大切です。

また、手法ごとに得られる効果が異なる点にも注意すべきです。

たとえば、Twitter上でSNSキャンペーンを展開する場合、フォロー&リツイートキャンペーンであればフォロワーの獲得とキャンペーンツイートの拡散が見込めるのに対し、引用リツイートキャンペーンであればユーザーの感想や意見から反応をうかがいやすくなります。

インセンティブを決める

デジタルキャンペーンにおいては、キャンペーン参加を促すきっかけとしてインセンティブが設けられるケースが多いです。

インセンティブとは、キャンペーンに参加したユーザーが得られる報酬や景品です。

なお、多くのユーザーにインセンティブを提供するにはデジタルギフトが適しており、少ないユーザーに特別感のあるインセンティブを提供するにはリアルギフトがおすすめです。

なお、全員がもらえるデジタルギフトと、さらに抽選で少数のユーザーにリアルギフトを設けるケースも多くあります。

インセンティブにより参加者のモチベーションを高めることもデジタルキャンペーンを成功させるポイントです。

抽選方法や当選連絡の方法を決める

一部の参加者にのみ、インセンティブを提供する場合は、抽選方法や当選連絡の方法を決めておきます。

公平性を保てるような抽選方法を検討すると同時に、不正アクセスや同一ユーザーによる重複参加への対策なども考慮しましょう。

また、当選者への連絡方法やオペレーション、インセンティブの提供方法なども検討しておくと、キャンペーンの運用をスムーズに進められます。

効果検証をする

キャンペーン終了後は、設定したKPIをもとに効果検証をおこないます。

企画当初にたてた目標の達成度はもちろん、成功や失敗の要因分析、次回以降の改善点などを振り返りましょう。

また、デジタルキャンペーンは参加者のユーザーデータを収集しやすいため、取得したデータはノウハウとして保管しておくことをおすすめします。

デジタルキャンペーンの景品におすすめのコンテンツ

前述のとおり、デジタルキャンペーンにおいて参加者のモチベーションを高めるには、どのようなインセンティブを用意するかがポイントとなります。

以下では、インセンティブにおすすめのコンテンツについて解説します。

ARフィルター・ARフォトフレーム

AR技術を活用したフィルターやフォトフレームは、新たなユーザー体験を提供するとともに、SNSでのシェアを促す効果があります。

キャンペーンのコンセプトに関連した演出があると、より話題性を高めやすくなるでしょう。

メモリアル画像

キャンペーン参加者への記念品として、オリジナルのメモリアル画像を提供することも一つの手法です。

日付やユーザー名などのユニークな要素を入れて世界に一つの画像にしたり、スマホの壁紙に利用できるサイズにしたりと、さまざまな工夫が考えられます。

NFT

NFTは、デジタルコンテンツの所有権を証明するトークンです。

ブロックチェーン技術により、コンテンツが複製されたものではなく、ユニークであることが証明されるため、コンテンツの限定性や希少性をアピールできます。

デジタルキャンペーンに際して、数量限定で発行されたNFTコンテンツは、客観的にも価値がわかりやすいことから、インセンティブとしての効果も高まります。

SNSアイコン

デジタルキャンペーンのインセンティブとして、オリジナルのSNSアイコンを提供するケースもあります。

とくに、SNSキャンペーンにおいては、キャンペーンを展開するプラットフォームで利用できるアイコンをプレゼントするケースがよくみられます。

また、SNSのアイコンはユーザーの顔となるため、多くのユーザーに利用してもらうことによってキャンペーンの拡散効果も期待できます。

LINEスタンプ

LINEスタンプは、日常的に使われるコミュニケーションツールであるため、接触回数を増やしやすく、ブランドの認知度向上に寄与します。

企業やブランドのLINEアカウントを運用している場合は、LINE友だち登録を条件としてスタンプをプレゼントするキャンペーンなども実施されています。

また、LINE上ですでに人気を獲得しているスタンプクリエイターやキャラクターとコラボして、企業コラボスタンプを制作してもらう方法もあります。

デジタルキャンペーンを企画する際のポイント

続いて、デジタルキャンペーンを企画する際のポイントについて解説します。

ターゲットをもとに企画内容を検討する

デジタルキャンペーンを成功させるには、ターゲットとなる顧客を明確にし、ニーズや行動特性を理解することが重要です。

そして、ターゲットが日々の行動のなかでキャンペーンに触れ、興味をもってもらえるような内容を企画すべきです。

拡散してもらえるような仕組みをつくる

デジタルキャンペーンにおいては、SNSによる拡散を活用することがカギとなります。

そのため、オリジナルのハッシュタグやシェアによる当選確率アップなど、参加者が自然と拡散したくなるような仕組みを取り入れることがポイントです。

また、スムーズにシェアできるような導線を設けると効果的です。

弊社ではデジタルキャンペーンの企画から制作まで対応可能!
ゲームのエンタメ性と訴求力・拡散力を活かし、web広告+SNS運用による集客と、SNS上でバズる・話題になるコンテンツを制作・開発・提供いたします。
大手ゲーム会社や、大手食品メーカーの制作実績も多数。

未公開実績も多数!
BALANCeの【キャンペーン・PR】サービス説明資料には、『Webキャンペーン』『アプリキャンペーン』の実績が多数掲載されています。
また、関連した会社資料も無料ダウンロードできますので、ぜひご覧ください!

デジタルキャンペーン企画時に役立つ事例集

最後に、デジタルキャンペーンを企画する際に役立つ事例を紹介します。

インスタントウィン

インスタントウィンは、参加した瞬間に当選・非当選が決まるキャンペーンです。

結果がその場でわかる仕組みのため、興味・関心の薄い層も取り込みやすい点が特徴です。

くじ引き感覚で楽しめるほか、手軽に参加できることから、参加者の満足度を高めやすい施策です。

オンラインガチャ

オンラインガチャは、ソーシャルゲームのガチャを模したキャンペーンです。

インスタントウィンよりもゲーム性の高さに長けているほか、景品の種類が多い場合には、なにが出るかがわからないという楽しみを与えるうえでもガチャ形式の方がおすすめです。

デジタルスタンプラリー

デジタルスタンプラリーは、実際にラリースポットを訪れると、スマホやタブレット上でデジタルスタンプを獲得できるキャンペーンです。

デジタルデバイスで参加するキャンペーンではありますが、オフライン集客ができる施策であるため、観光業界や店舗型ビジネスにおいてよく導入されています。

QRコードキャンペーン

QRコードキャンペーンは、参加者が特定の箇所に設置されたQRコードを読み取って、参加するキャンペーンです。

施設内に隠されたQRコードを探す謎解き形式や、商品のQRコードを読み取って抽選に参加する形式などがあります。

デジタルキャンペーンはBALANCeにお任せください

デジタルキャンペーンを実施する際は、キャンペーンの目的やKPIをもとに、ゴールから逆算して企画をたて、ターゲットや媒体に適したクリエイティブを制作することが重要です。

目的の明確化、ターゲットの属性やペルソナの可視化、KPIの設定や振り返りにおいては、マーケティング的な視点が欠かせず、戦略的なキャンペーン設計が成功のカギとなります。

BALANCeは、マーケティングと開発に強みをもつ制作会社として、さまざまな業界・ブランドのデジタルキャンペーンを支援した実績がございます。

キャンペーンサイトやアプリの開発はもちろん、企画段階からのご相談も対応可能ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

弊社ではデジタルキャンペーンの企画から制作まで対応可能!
ゲームのエンタメ性と訴求力・拡散力を活かし、web広告+SNS運用による集客と、SNS上でバズる・話題になるコンテンツを制作・開発・提供いたします。
大手ゲーム会社や、大手食品メーカーの制作実績も多数。

未公開実績も多数!
BALANCeの【キャンペーン・PR】サービス説明資料には、『Webキャンペーン』『アプリキャンペーン』の実績が多数掲載されています。
また、関連した会社資料も無料ダウンロードできますので、ぜひご覧ください!

DOWNLOAD

未公開実績も多数!
BALANCeの【キャンペーン・PR】サービス説明資料には、『Webキャンペーン』『アプリキャンペーン』の実績が多数掲載されています。
また、関連した会社資料も無料ダウンロードできますので、ぜひご覧ください!

CONTACT

お見積もりやご提案に関しては、費用は発生いたしません。お気軽に、お問い合わせください。

あわせて読みたい記事

タグから選ぶ

「キャンペーン・PR」人気記事

  • 週間

  • 月間

人気記事

  • 週間

  • 月間